FDフィードバー68106

簡単な説明:


製品の詳細

製品タグ

YAMATOオリジナルFDミシンフィードバー、YAMATO FDマシンの外観特性により、YAMATOオリジナルFDミシンのフィードバーは他のミシンよりも長く、製造が非常に困難です。

主な問題点は次の4点です。

まず、各フィードバーの平坦度を0.003以内に制御する必要があります。このように長くて細いフィードバーの場合、焼入れ変形は大きくなります。

2点目はフィードバー中央スライダーの滑らかさスライダー相付属品の接触面が固定されておらず、1回限りの加工であるため、スライダー溝底部の平坦度とカバープレートの平坦度はより高く、スライダー溝の平行性も確保する必要があります。

3点目は、2つのフィードバーがスムーズに動くように、フロントフィードバーのスライドバー溝の精度とバックフィードバーのスライドバー穴の精度を同じにします。特別な加工器具を使用し、長年の生産経験があります。

第四に、鍛造ブランクを使用することで、フィードバーの性能を十分に保証できますが、加工の難易度と製造コストが大幅に増加します。フィードバーは、ミシン全体の最も重要な部品の1つであるため、ミシン作業時の送り歯の安定性と、ミシンの油漏れやミシンの音の有無を確認します。ミシン全体の性能の良し悪しを示す重要な指標です。長年の研究と開発と大量生産の検証により、フィードバーの精度は世界クラスのミシンのニーズを完全に満たすことができます。


  • 前:
  • 次:

  • ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください